鹿児島のノマドワーカー向けポータルサイト

鹿児島の冷製つけ麺史上、最高の3拍子を揃えた「REIWAつけ麺」限定発売

麺屋ばってん親父様から期間限定冷製和風つけ麺「REIWAつけ麺」が発表されました。期間は2019年5月28日(火)から平日数量限定での発売とのこと。

SPONSOR

ばってん親父、冷製和風つけ麺「REIWAつけ麺」を発表。

麺屋ばってん親父様から期間限定冷製和風つけ麺「REIWAつけ麺」が発表。鹿児島の暑くなりはじめた今にぴったりな冷製つけ麺。ネーミングも冷製と和風から「冷」「和」→「令和」→「REIWA」という時代を表した小粋な一皿。「麺屋ばってん親父」様公式Twitterでも制作過程がツイートされており、ファンからの注目を浴びておりました。先日の「オヤジロウ」をはじめとする限定麺の情報は公式Twitterで告知されるため、気になる方は合わせてフォローを。

ばってん親父様による冷製和風つけ麺の制作過程

涼・辛・香の3拍子揃った最高傑作。

今回特別に先行体験させて頂けるということで、期間限定冷製和風つけ麺「REIWAつけ麺」を頂きました。まず驚くのはその涼しげな麺、暑さを吹き飛ばさんとばかりの彩りのあるスープ。

一口すするとピリッとした辛さとともに、清涼感溢れる冷たさを連れて鰹節の深い香りとゴマの味わいを感じます。鰹節と椎茸で取られた出汁が麺のほどよいもっちりさにしっかりと絡み、一口目から「冷製和風」の満足感溢れる時間。

「うまい」という表現は食レポでは物議を醸す言葉ではありますが、そんなしがらみを一瞬で忘れ、「うまっ」と言ってしまうほどこの「涼・辛・香」の3拍子がここに詰まっている、そんな一皿。

表情が毎回変わる楽しい「REIWAつけ麺」

つけ麺だけでなく料理において「毎回表情が変わる」と言って皆様に意味が伝わるか不安ではありますが、この「REIWAつけ麺」を食べて頂ければその「表情が変わる」という理由をおわかり頂けるかと思います。

特に今回特徴的であったのが、ご担当者様からも説明を頂いた「甘辛みそ」。

前回の期間限定麺でも注目を浴びたもやしに紅一点。この「甘辛みそ」。スープに入れると今までとはまた違った妖艶な赤さをその器に広げます。より辛くなってしまうのかなと思っておりましたが、私のその発想はお子様であることを次のひとくちで体感します。
単純な辛さではなく、より深くなるまろやかな味わい。

今まで食べていたスープの赤さを深くムラのない赤に染めた、この甘辛みそはスープ全体を大人なあじわいにまとめます。会議後半にベテラン上司がうまく話をまとめてくれるあの感覚。

ではそのまとめかたでこの冷製和風つけ麺「REIWAつけ麺」は終わってしまうのでしょうか。そこで終わらないのが麺屋ばってん親父様のすごい点。

時間とともに自然な清涼感を盛り上げるダークホース

最終局面にきてこのダークホースが走り出します。調味料に「時間」という概念を入れた方がよいと思うほどに、この「REIWAつけ麺」は時間とともにより清涼感が盛り上がる逸品。

というのもこのつけ麺のスープのレモン。このレモンが時間とともに爽やかな酸味を口元に届けてくれ、後半のひとくちひとくちを新しく締めてくれるのです。

レモンがつく料理あるあるではありますが、最初はこのレモンをいつのタイミングでしぼったらいいのかなと初心者の私はとまどっておりましたが、そのような悩みは不要。最初は彩りの切り込み隊長として存在していたレモンは後半、全体の味を自然と盛り上げてくれるダークホースになっていたのでした。後半口元に広がるその爽やかさは、辛さに少し汗ばんできた体に優しく、清涼感を与えてくれます。

圧倒的ボリュームにも大満足の逸品

つけ麺というとイメージで「少し少ない」というイメージがある方もいらっしゃると思います。しかし今回頂いていて成人男性(結構食べる方)の私もおなかいっぱいというボリューム。ご担当者様からも「食べきりますか?」とご心配頂く程。周辺に学生さんが多いということもあり、お店側のお客様にたくさん食べてもらいたいという気持ちが詰まったボリュームのある一皿。

中でも嬉しいのが今回ばってん娘さん(Twitterご担当の方)がつけたいと考えたこの「チキン南蛮」。この肉厚かつジューシーなお肉がさっぱりとしたつけ麺に相性抜群で途中でがっつりほおばりたくなります。

ちなみにがっつり頬張ったときにお店の方がいらっしゃってまともに挨拶ができず失礼な形になってしまったのはこの私です。この場は借りず後日ちゃんと謝罪(再度食べ)に伺いたいと思います。

このチキン南蛮、本場宮崎によく行く私も思わず、おかわりしたくなるほどに味の染み込み、肉の厚さ、衣とのバランスが整っていてすぐ虜に。食べやすいよう丁寧に切り込みも入っていてかぶりついても問題なし。このタイミングで嬉しくなる相棒的存在。

最後まで涼を感じる、おもてなしの時間。

冷製和風つけ麺「REIWAつけ麺」を頂きながら、時間の経過とともに毎回変わる味わいを楽しむ中でふと「(あれ、そういえばずっと冷たい)」と疑問に。

ここにも粋な計らい。麺の中に涼やかな氷が。この計らいのおかげで味わい深いスープは薄まらず、かつ常に涼を感じることのできるというありがたいおもてなし。

見えないところにも麺屋ばってん親父さんの最後まで美味しく食べて欲しいという気持ちが隠れていて、体は涼しく、心はあたたかく頂くことができました。

麺屋ばってん親父様へのアクセスはこちら

最後に今回の限定麺の詳細情報をまとめます。
期間限定麺「REIWAつけ麺」は

2019年5月28日(火)〜平日数量限定で販売

無くなり次第終了とのことですので、お求めの方はお早めに。

毎週月曜日が定休日で開店時間は11:00〜21:00。是非この機会に限定麺の美味しさを。

麺屋ばってん親父様公式Twitter

引き続きかごしまのまどをお楽しみください。

SPONSOR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です